《The Japan Times》今週のフレーズ
「ChatGTP」から“integrate A into B”を学ぶ新着!!

生成AIであるChatGPTが世界を変えようとしています。AIが地球を支配する時代はもう目の前に来ているかもしれません。

続きを読む
ワンポイント!英語レッスン
be動詞+to不定詞用法のシンプル習得

「be動詞 +  to+動詞の原型」の形は知ってるけど、理解が曖昧なままにされている方が多いように見受けられます。 be動詞+to不定詞からは予定・運命・義務・意図・可能という5つの意味が派生するのですが、この整理がついていないの…続きを読む

続きを読む
ワンポイント!英語レッスン
【成句を学ぶ】answerのセットフレーズ5選

今回はanswerと、頻用されるセットフレーズ(成句)を学びます。紹介するセットフレーズの中には句動詞もいくつか含まれます。 ちなみに句動詞とは動詞と前置詞、副詞、またはその両方からなる成句ですが、個々の単語の持つ意味から飛躍した意味を形成…続きを読む

続きを読む
ワンポイント!英語レッスン
【成句を学ぶ】liveのセットフレーズ10選

今回はliveと合わせて頻用されるセットフレーズ(成句)を学びます。紹介するセットフレーズの中には句動詞も多く含まれます。 ちなみに句動詞とは動詞と前置詞、副詞、またはその両方からなるセットフレーズですが、個々の単語の持つ意味から飛躍した意…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「コロナ第3波到来」からwith doingを学ぶ

COVID-19の第3波が日本を襲っています。残念ながらワクチンが完成しすべての人に行きわたるまではこのようなことの繰り返しなのかもしれませんね。しかしテレワークの普及やその問題点の発見など、COVID-19がもたらした良い点にも注目したい…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「荒稼ぎの鬼滅の刃」からrake inを学ぶ

“Demon Slayer”鬼滅の刃が日本映画の興行売り上げスピード記録を塗り替えました。 外出が自粛されがちなコロナ禍の中で千と千尋の神隠しと君の名はの記録を破る快挙だそうです。 今後海外でも公開されるので、その反響が楽しみですね。 そん…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「菅総理の任命拒否」からplay politicsを学ぶ

日本学術会議への指名候補者の数名を菅義偉首相が拒否したことが論議を呼んでいます。 この指名拒否問題と並行して、日本学術会議のあり方自体も議論の対象となりました。 公正で透明性のある議論がなされることを切に望みます。 そんなThe Japan…続きを読む

続きを読む
ワンポイント!英語レッスン
間違えやすい形容詞10選

今回は同義語だが、含まれるニュアンスや用法が違う単語の中から形容詞編をお送りします。 早速クイズです。 「私の給料は安い」を英語で表現したい場合はどちらが正解だと思いますか? My salary is cheap. My salary is…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「延長される正月休み」からbe likely to be able to doを学ぶ

年末年始休暇シーズンの交通機関や初詣などの混雑を緩和するために、政府は企業や教育機関などに休暇期間の延長を要請しました。 ただでさえ授業時間の不足に悩んでいる教育機関はもちろん、コロナ禍で体力が落ちている企業にとっても、この急な要請に応える…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「女性管理職のジレンマ」からput priority on Aを学ぶ

日本企業における女性管理職の割合は、長い間改善が求められているのにも関わらず、先進諸国の中でも著しく低いのが現実です。 これは企業の意識、男性の意識、女性自身の意識そして日本社会全体の意識と密接に関連する問題なので、一人一人がじっくりと考え…続きを読む

続きを読む
ワンポイント!英語レッスン
間違えやすい英語動詞10選

私達が英会話をする際、どうしても間違えてしまう表現というものがあります。 日本語にはない概念であったり、単語が持つニュアンスの違いが原因となることが多いようです。 今回は、私達が特に間違えやすい英語表現の中から動詞を10個ピックアップしてみ…続きを読む

続きを読む
《The Japan Times》今週のフレーズ
「日本にも登場した裁判所犬」からmake a rare appearanceを学ぶ

虐待された子供が法廷で尋問され、証言することの負担を和らげるようにトレーニングされたコートハウスドッグ(裁判所犬)が日本で初めて、法廷で被害者の子供への同伴を許されました。 その子供は当初証言のための出廷を拒んでいたのですが、そのコートハウ…続きを読む

続きを読む