スピーキングクラス開始におけるご案内

配布物一覧

【教材】

・品詞トレーニング(1部)

・3Way Systemの一覧(1部)

・サイクルトレーニング基礎編(1冊)

・サイクルトレーニング発展編(1冊)

・今週の英文(毎週火曜日メールにて配信)    

 

【資料】

・スピーキングクラス日程表(1部)

・自己学習管理表(1部)

・営業日のご案内(1部)    

スピーキングクラス 4つの事前準備

準備 1【品詞トレーニング

 

ことばのしくみを学んでいく上で、ことばを構成しているパーツの属性「品詞」を把握することは大変重要です。

まず母語(日本語)を使って品詞を把握する力を強化するトレーニングを行います。

 

学習方法:動画「【見本】品詞トレーニング」に指示があります。指示に従い予習を行ってきて下さい

クリックすると動画が流れます

・【見本】品詞トレーニング

 

 

準備 2【3Way Systemトレーニング

 

日本語と英語のしくみの違いを「3つのことばのルール」を軸にして、

瞬間的・習慣的にスイッチできる下地を養成します。

この学習方法で重要な「3つのことばのルール」の解説やクラスで使用する用語の説明もあります。

この3Way Systemトレーニングは短時間でも毎日行うようにして下さい。

 

【クラス開始前】

学習方法:【見本】ビデオを全て受講開始前までにご覧になってきてください

クリックすると動画が流れます

・【見本】イントロダクション

・【見本】文の骨格(K)前半 

・【見本】文の骨格(K)後半 

・【見本】動詞のかざりと名詞のかざり(AD/FA)

・【見本】原理とパラメータ/標準和訳

 ※ビデオの中でM5(メインファイブ)という表現が出てきますが、文の骨格(K)と同義語です

 

【クラス開始後】

学習方法:【実践】ビデオは生徒のパートがオフレコになっています。

ご自身がクラスを受講されているつもりで生徒の部分を声を出して練習して下さい

クリックすると動画が流れます

・【実践】文の骨格(K)前半 

・【実践】文の骨格(K)後半 

・【実践】動詞のかざりと名詞のかざり(AD/FA)

・【実践】原理とパラメータ/標準和訳

  ※ビデオの中でM5(メインファイブ)という表現が出てきますが、文の骨格(K)と同義語です

 

 

準備 3【サイクルトレーニング】

 

日本語と英語の対比を行いながら、文の骨組みから段階的に飾り付けしていくドリルです。

文の構築・解体・変換を経験していく事で、脳に言語構造を立体的に認識させる事ができます。

発展編は会話には欠かせない疑問形への展開方法が含まれており、

スピーキング・コミュニケーション能力の素地が養成されます。

 

学習方法:ダンロードできる音声ファイル内に学習法の指示があります。

基礎編、発展編それぞれの音声ファイルの指示に従いCycle 1の予習を行ってきて下さい

ダウンロード
サイクルトレーニング基礎編・発展編 Cycle 1
クラスで使用する箇所の音声ファイル(MP3)です。解凍してご使用ください
Cycle 1.zip
圧縮Zipフォーマット 55.4 MB

※クラスでは毎週「サイクルトレーニング基礎編、発展編の Cycle 1」を行います

※Cycleトレーニング2-5に関しては、授業に余裕が出てきた時か、クラス修了後の自学習用として使用します

ダウンロード
Cycle 2.zip
圧縮Zipフォーマット 57.8 MB
ダウンロード
Cycle 4.zip
圧縮Zipフォーマット 56.4 MB
ダウンロード
Cycle 3.zip
圧縮Zipフォーマット 58.5 MB
ダウンロード
Cycle 5.zip
圧縮Zipフォーマット 55.1 MB

準備 4【今週の英文】

 

毎週5つの新しい英文を学ぶことで、「ことばのしくみ」を把握する応用力を養成します。

また、学んだ英文を基に会話を行うことで実践的なアクティブスキルの向上を目指します。

 

毎週火曜日夕方に翌週分のテキストと音声ファイルがメールで配信されます。

受講日と該当課題を確認の上、予習を行って下さい。

 

学習方法:毎週配信されるテキストに指示が記載されています

 

  

ご不明点があれば

info@global-square.com

または

03-3267-3881

までお気軽にご連絡をください


会員様用ページリンク

 

クラスで役立つ補助学習教材がダウンロードできます



 

スピーキングクラスの時間や年間の休日はこちらからも確認できます